気になるエラに効果ありなボトックス注射【認定医に治療してもらう】

シンプルだから受けやすい

鏡を見る女性

少しの工夫で効き目長持ち

注射だけといったシンプルな施術のため、小顔ボトックスは美容整形が初めての人でも受けやすい治療です。エラは骨が原因で大きく見えるほか、アゴを動かす咬筋が原因の場合も少なくありません。そして小顔ボトックスは、咬筋の筋肉量が増えて顔が大きく見えている人に有効な施術となっています。ただし切開治療ではないため、生涯小顔でいられる訳ではなく、効き目の持続期間はおよそ4カ月から6カ月程度が一般的です。しかしながら治療後の生活状況を工夫することで、持続時間をある程度延ばすこともできます。基本的に咬筋は物を食べたり、歯を食いしばったりすることで自然と鍛えられ、筋肉量が少しずつ増えていくのです。そこで、咀嚼に力が要るような歯応えのある食品は避け、なるべく咬筋を使わないようにしましょう。同様に歯ぎしりや、爪を噛むといった癖なども直して、咬筋への負担を極力軽くしておくのが効き目を長持ちさせる豆知識です。上手くすればボトックスの効果が切れても、しばらく小顔のままでいられますし、再治療をすればエラ張りの改善期間も大抵長くなります。咬筋の張りが薬を打つだけで改善できる仕組みですが、これはボトックスが持つアセチルコリンの抑制効果によってもたらされます。咬筋だけを意図的に動かそうとしても難しい一方で、この筋肉は奥歯に力を込めた時はもちろん、しゃべっただけでも無意識のうちに動くのです。その動きは脳によってコントロールされており、動きの幅や力加減は、神経を伝って逐一脳から指示が出ます。指示情報はアセチルコリンによって咬筋へと伝えられるのですが、ボトックスを打てばそれが分泌しなくなるため、筋肉はスタンバイ状態のまま動かなくなるのです。数時間や1日だけなら外見上に変化は現れないものの、動かない状態が数日や数週間続くことで、筋肉量はなだらかに落ちていきます。ボトックスをエラに注入しても即日にエラが小さくならないのは、まさにこの原理によるものです。視認できるほどエラが小さくなるには一定期間を要する反面、正しく治療すれば確実に咬筋を薄くできる施術でもあります。咬筋は誰でも持っている筋肉ですから、仕組み的にはどなたでも小顔効果を得られる訳です。

Copyright© 2019 気になるエラに効果ありなボトックス注射【認定医に治療してもらう】 All Rights Reserved.